読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニャオニャオ21世紀

雑記と、MSXぽいアプリ開発と、ゲーム他の様々なアイデアを公開しています

MSXマシン語入門(Z80 アセンブラ) 勉強レポート  第6回 いよいよマシン語の基礎へ

 

MSXマシン語(Z80 アセンブラ)の基礎を始めたいと思います。

 

MSX Z80アセンブラに入るまでが長かった;

いわゆるマシン語とはどういうものかから入っていきたいと思います。

(僕の買った本は小学生でもわかるレベルの本らしいので

非常にわかりやすく、しかも楽しくて仕方がないです!)

 

前回のブログ:

 

nyaonyaokun.hatenablog.com

 

 

 

マシン語というのは、数字の羅列ですが、(数字しか MSXはわからないですから;

もっと言えば2進数しか)

それではさすがに人間様にはプログラムをするのは難しいわけです。

数字で直接プログラムできる人がいたら、マトリックスMSX版ができてしまうわけです。

メモリを脳波で直接書き換えて…あれやこれや、、おっと話がSF方向に;(SF好きなので;)

 

 

それで数字ではきついので、それを人間でもわかるようにしたのが

ニーモニック”らしいです。

 

簡単な例を。

LD  A , B

これならわかりそうです。

LDというのはロード命令といって、レジスタやメモリに値を入れるものです。

この例ならば、Bレジスタの値を、Aレジスタに入れるとなります。

最初に命令を書いて、その後にレジスタまたは、メモリのアドレスがくるわけですね。

アセンブリ言語を見ていて思うのが、こんな単純な命令を組み合わせて、

ゲームができてしまうのですからすごいな〜という。

BASICくらいだととっつきやすいのですが…

 

それでこのニーモニックで書かれたプログラムをマシン語に変換することを

アセンブルといいます。

 

MSXアセンブラなんてついていなかったから、開発環境がいりますねぇ。

ちょっと調べたところ、その開発環境がMSX-BASICで書かれていたりします。

面白いです!! 

 

マシン語のプログラムを動かしたり、メモリにプログラムを書き込むのを

モニタというそうです。

 

僕が勉強している本にはBASICで書かれたモニタプログラムが載っています。

モニタがなくても、全部自力でやるハンドアセンブラというのもあるそうですが

さすが厳しいです;

ちょっとネットを探してみましたが、モニタはありませんねぇ。

 

それではこのブログを読んでいてくださる方に申し分けないので、

僕がこの本を参考にしつつ、実機で動くBASICでできたモニタを

作ることにします。

しばらく時間がかかるかもしれませんが、お待ちくださいm(_ _)m 

 

今日はこの辺りで。

では〜。

 

追記:少し本の続きを読んでみたところ、16進数でプログラムを打ち込まなければ

いけないようです;できるかなぁ〜。 

 

nyaonyaokun.hatenablog.com